カリキュラム

  

幅広くより高度な実践教育が栄養士への扉を開く。


本学カリキュラムの特徴

  

東京栄養専門学校のめざす栄養士とは

  
  栄養士の活躍する職場の多くは、お客様に食事を提供するところです。
食事の指導・栄養管理を行うためにも、お客様に満足いただける食事を提供する必要があります。
 東京栄養専門学校では、多くの調理実習、給食管理実習、校外実習を行っています。
それは、卒業生が栄養についての知識を身につけるだけではなく、栄養士として、給食施設でお客様に満足いただける食事を提供できるようになることを目標としているからです。


[専門教育分野]

社会生活と健康

 

社会・環境と健康との関係を理解するとともに、保健・医療・福祉・介護システムの概要について修得することを目標とします。

人体の構造と機能

人体の仕組みについて構造や機能を理解し、食事、運動、休養などの基本的生活活動や環境変化に対する人体の適応について修得することを目標とします。

食品と衛生

食品の各種成分の特性について理解するとともに、食品の安全性の重要性を認識し、衛生管理の方法について修得することを目標とします。

栄養と健康

栄養とは何か、その意義と栄養素の代謝および生理的意義を理解するとともに、性別、年齢、生活、健康状態等ライフステージにおける基本的な食事療法について修得することを目標とします。

栄養の指導

個人、集団および地域レベルでの栄養指導の基本的役割や栄養に関する各種統計について理解し、また基本的な栄養指導の方法について修得することを目標とします。

給食の運営

給食業務を行うために必要な、食事の計画や調理を含めた給食サービス提供に関する技術を修得することを目標とします。

調理実習

 

調理実技の基礎から応用まで、専門の先生から学びます。

給食管理実習

 

自分たちで立てた献立で給食を提供します。